鹿児島県にある大口食養村のホームページです。

大口食養村のこころ

昭和55年、川上寛継・祐喜子夫婦で鹿児島県の大口(現伊佐市)に移り住み、熊谷綱次郎さんの後を継ぐかたちで始まった番茶作り。いろいろな方の応援を得ながら、薪火寒茶(前 川上さんの三年番茶/赤袋・鹿児島地域では「食養番茶」)の製造に40年携わってまいりました。おかげさまで全国の方々に親しまれ、ご愛飲いただいております。

 

薪の調達や畑の管理など、こだわっていますので量産ができず、皆様にはご迷惑をおかけしています。今、若い人達が修業してくれていますので、大口食養村のこころを大切に引き継いでいきたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

  • 生姜の成長

    久しぶりの雨で生姜も潤って、どんどん分けつしています。 涼しいときは草取りに毎日汗を流しています。

    2020/08/25
  • お茶畑手入れ

    今年お茶刈りした茶畑の下草払いとカズラとりをしてもらいました。 グングン成長しています。 お茶の葉と茎にエネルギーを凝縮しています。  

    2020/08/25
  • 生姜の草かけ

    豪雨災害の被害にあわれた方 お見舞い申し上げます。 こちらは生姜の土寄せと草掛けをしてもらいました。 たくましく育っています。

    2020/08/05
^