大口食養村

鹿児島県にある大口食養村のホームページです。

鹿児島県伊佐市大口宮人1726番地10
日々のこと

てっかみそ

てっかみそは鉄鍋で根菜(特別栽培ゴボウ、にんじん、れんこん、生姜の微塵切り)と食養豆味噌を4時間かけて炒りあげます。

DSC_0170 DSC_0110

野菜、味噌を入れじっくり炒りあげていくと、水分が飛びパラパラになっていきます。

DSC_0176

野菜と味噌の良い匂いが上がり、程よくしっとりとしたてっかみその出来上がりです。

味噌と野菜といろいろな加減でなかなか仕上がらなかったりもしますが、焦らずじっくり作っています。

おむすびにしたり、ごはんにふりかけたり、お湯でといて味噌汁にしてみたり・・・ 便利な常備菜兼調味料になります。

伊佐市ツーリズム

10月16,17日伊佐市ツーリズムで大阪の西寝屋川高校女生徒4人が来ました。

16日は、芋ほり体験をし、おやつに焼き芋をして食べてもらいました。ごぼう堀も見学しました。

 

P1010613 P1010615

 

夕食は自然食メニュー、≪蓮根ハンバーグ、ほうとう、玄米海苔巻、マカロニサラダ、煮しめ≫を一緒に作りました。

畑の肉を使ったヘルシーメニューでしたが、「おいしい」とみんなよく食べてくれました。

ぜんそくの子がいましたが、「蓮根は喉に良いよ。」と伝えたら、「おうちでも作ってみたい。」と言っていました。

(夜は太鼓を少し)

 

P1010616  P1010618

 

17日の朝食は天然酵母パンと玄米焼き飯でした。

菱刈の吉野さんの畑で綿つみ体験をしました。虫やくもがコワイと恐る恐るでしたが良い体験をさせてもらいました。

 

P1010623 P1010624 P1010625

P1010627 P1010622 P1010632

 

綿の種取りや糸つむぎを見せてもらい、吉野さんが一人で畑の整理からはた織りまでされている事に感心

していました。お昼はスパゲティ、雑穀スープ、グルテンカツを食べてもらいました。

曾木の滝の観光をしてお別れしました。

P1010637

 

残暑お見舞い申し上げます

  残暑お見舞い申し上げます

今年の夏は特別な暑さで皆様お元気でお過ごしでしょうか。

茶畑の草刈りやかづら取りも、涼しい朝7時からと夕方と夏時間の仕事として、昼間の暑さを避けています

小野鉄真君も、修業3年目となり番茶製造も任されるようになり、また草取りなど格闘して 真っ黒に日焼けしています。でも玄米食でたくましく頑張っています。奥さんのよう子さんも 4歳と10か月の子供たちを山野保育園に預けて、発送やホームページの作成などで、 頑張っています。

山野保育園は、オーサワジャパンの食材や有機栽培の野菜などで自然な給食を手づくりして下さっています。頼もしい保育園です。

てっかみそ用の生姜も順調に成長しています。草を被覆して、草取りも昨年より楽です。

 

P1010411 P1010456 P1010424

 

 

はじまり

大口食養村ホームページを開設しました。

 

伊佐は朝晩が涼しくなり、秋のにおいがしてきました

 

といっても日中はまだまだ暑いですが。

 

これから、よろしくお願いいたします。

 

草取り